Skip to content(本文へジャンプ)

Metropolitan Logistics メトロポリタン・ロジスティクス

Metropolitan Logistics(メトロポリタン・ロジスティクス)東京23区内の4つのトラックターミナルで「大都市物流戦略」を実現

Metropolitan Logistics(メトロポリタン・ロジスティクス)=大都市物流

今日、私たちの身の回りには様々な商品が溢れ、
街に出れば華やかな様子を目にすることができます。

また、通販などの利用によって自宅にいながら、すぐに商品を届けてもらうことも可能です。

このような華やかな生活を支える物流には、単に運ぶだけでなく、
よりハイスピードで細やかな物流サービスが必要となります。
これがメトロポリタン・ロジスティクスであり、こうした物流ニーズに応えることが、
現代の物流においては必要不可欠であると私たちは考えます。

Metropolitan Logisticsメトロポリタン・ロジスティクスに求められる要件

  • リードタイム・アドバンテージ

    アクセスに優れ消費地に近く
    高効率な業務展開

    配達までのリードタイムを短くするためには、都心や住宅地の近くに配送拠点を持つことが重要となっている。

  • レイバー・アドバンテージ

    労働力の確保に優れた立地
    アメニティ設備

    「駅から徒歩圏内か」、「自宅から通勤可能か」など、働く側からの視点、基準が重要となっている。

  • キャリアリンク・アドバンテージ

    共同輸配送の実現や
    陸海空の連携に有利

    グローバル化が進む中で輸出入貨物への対応のため、鉄道、空港や港に近い立地でトラック輸送とその他の輸送をスムーズに連携させることが重要となっている。

  • コンティニュイティ・アドバンテージ

    災害にも強く24時間365日
    稼働可能な施設

    騒音によるクレームや災害による施設の損壊、電力の喪失などによって事業を継続できなくなる可能性があるため、24時間365日事業を安定的に継続するために、物流施設にふさわしい環境や設備、災害への備えが重要である。

これらのアドバンテージを備えた施設を実現するべく、以下の取り組みに努めています

トラックターミナル3つの取組み

24時間365日にわたる弛まぬ保守管理、将来を見据えた中長期修繕工事計画の策定、現場ニーズに即応する揺るぎない施設メンテナンス等、安全安心対策への不断の取り組みの上に、以下の取り組みを積み重ね、強い価値を発揮しています。

災害に強いトラックターミナル

事業継続の優位性

  • 大型非常用自家発電設備の導入により、災害時でも72時間の施設運営が可能です。
  • 通信網が不通となった際の通信手段として、衛星電話やMCA無線を導入しています。
  • 建物の耐震診断を行い、補強工事によって十分な耐震強度を確保すると共に、新しく建設する建物には免震構造を採用しております。
  • 不測の事態が発生した時のBCP(事業継続計画)マニュアルを整備し、計画的な訓練を実施しています。
  • トラックターミナルは物流専用地域にあるため、災害時にも機能が発揮しやすい環境にあります。また平常時にも24時間365日稼働が可能です。

人にやさしいトラックターミナル

労働力確保の優位性

  • 当社が管理運営している4つのトラックターミナルは、いずれも最寄駅から徒歩圏内で通勤に便利な立地に加え、敷地内の管理棟には食堂や売店、浴場、仮眠室、休憩室など従業員やドライバーのための福利厚生施設が揃っています。
  • ダイナベース(平成30年7月京浜トラックターミナルに竣工)ではウッドテラスやラウンジ、女性用パウダールームを設置し、働く人にやさしい環境づくりを行っています。

環境にやさしいトラックターミナル

共同輸配送の実現や陸海空の連携の優位性
配送時間短縮の優位性

以下のように配送を効率化することで、Co2排出を抑制し環境負荷の低減に貢献することができます。

  • 京浜トラックターミナルと葛西トラックターミナルは東京港や羽田空港へのアクセスが非常に優れており、陸・海・空の輸送をスムーズに連携できます。
  • 各トラックターミナル内での複数の運送事業者との連携によって、共同輸配送の実現が可能となります。また、東京23区内に4つのトラックターミナルが位置しており、都内での効率的な配送が可能となります。

以下のように環境に配慮した設備の導入と緑化の推進によって、環境負荷の低減に貢献することができます。

  • 各トラックターミナルでは太陽光発電設備による発電を実施すると共に、高効率照明設備など既存設備の更新を実施し、省エネ活動を推進しています。
  • 各トラックターミナルの給油所にCNG(圧縮天然ガス)エコ・ステーションを設置しています。
  • トラックターミナル構内および周辺環境に配慮し、外周部や管理棟屋上などへの緑化を推進しています。

Metropolitan Logistics メトロポリタン・ロジスティクス